出羽燦々誕生記念

出羽桜

位置情報(県,都市)

山形県,天童市

特定名称区分

純米吟醸酒

酒米名

出羽燦々

アルコール度数

15%

精米歩合

50%

商品説明

山形を代表する酒米「出羽燦々」を100%使用し、「オリーゼ山形(麹菌)」「山形酵母」と山形オリジナルの原料のみで醸した「山形」を最も感じられる1本。 青リンゴを思わせるジューシーな香り、柔らかな旨味と上品な酸のバランスが絶妙。

味わいマトリックス

ボディ
軽い
しっかり
香り
低い
高い

Tasting Note by Xavier Thuizat

明るく輝きのあるシルバーの色調

とても新鮮で綺麗な香り、フローラルで陽気な香り、とても綺麗に春らしさが表現されている

フレッシュさとミネラル感あるアタック、中盤にかけて綺麗なストラクチャー、苦味が少しあり味わいの強さがとても現れている。綺麗なボリューム感と余韻

グリーンアスパラガス、ヴァンジョーヌと西洋ワサビのエスプーマ

12度、白ワイングラスでサービス

酒蔵による推奨温度

ロック/極冷

冷酒

常温

燗酒

出羽桜

明治元年、山形県と秋田県は出羽国と呼ばれていた。 戊辰戦争に敗けた奥羽越列藩同盟諸藩に対する処分により、出羽国は現在の山形県に相当する羽前国と、秋田県に相当する羽後国に二分割され、出羽国は現在の山形となる。 当時の、初代清次郎は十歳と若かったが、幼い記憶ながらも出羽国に対する思い入れは強く、出羽国から「出羽」を、桜の名所である舞鶴山から「桜」をとり、「出羽桜」と命名された。