雪女神 四割八分

出羽桜

位置情報(県,都市)

山形県,天童市

特定名称区分

純米大吟醸酒

酒米名

雪女神

アルコール度数

16%

精米歩合

48%

商品説明

山形酒米の集大成「雪女神」をより気軽に楽しめる、精米歩合48%の純米大吟醸。しなやかで透明感のある味わい。

味わいマトリックス

ボディ
軽い
しっかり
香り
低い
高い

Tasting Note by Xavier Thuizat

綺麗なシルバーの輝き、とても透き通った色調

とてもピュアな香り、白い花のアロマ、アカシア、湿った石、クミンなどの細かいスパイス

とても綺麗にバランスの取れた味わい、綺麗な苦味が味わい全体にあり、ガストロノミーと素晴らしい組み合わせの選択肢になる。フレッシュで爽やかな余韻がとても鮮やか

ホタテのソテー、ヤギチーズとフェンネルのクリーム

デキャンタージュして12度、白ワイングラスでサービス

酒蔵による推奨温度

ロック/極冷

冷酒

常温

燗酒

出羽桜

明治元年、山形県と秋田県は出羽国と呼ばれていた。 戊辰戦争に敗けた奥羽越列藩同盟諸藩に対する処分により、出羽国は現在の山形県に相当する羽前国と、秋田県に相当する羽後国に二分割され、出羽国は現在の山形となる。 当時の、初代清次郎は十歳と若かったが、幼い記憶ながらも出羽国に対する思い入れは強く、出羽国から「出羽」を、桜の名所である舞鶴山から「桜」をとり、「出羽桜」と命名された。